東アジア文化都市2016奈良市 「古都祝奈良‐時空を超えたアートの祭典」

このイベントは終了しました

「舞台芸術」「美術」「食」を通し奈良を表現!時空を超えたイベントを展開 1,300年前の歴史や文化が今に息づく奈良。往時から伝わる都の骨格が現代に浮かび上がる

  • その他
  • 開催期間 2016年9月3日(土)〜2016年10月23日(日)
  • 開催時間 イベントにより異なります。

    イベントにより開始時間、終了時間が変わります。

  • 会場:東大寺、平城宮跡、ならまち

「東アジア文化都市2016奈良市」のコア期間プログラムとして開催。平城宮跡、古都奈良を代表する東大寺や春日大社などの社寺、伝統的な町並みが残るならまちなどを舞台に「舞台芸術」「美術」「食」の3つのテーマを中心にさまざまなイベントを展開する。


◆東アジア文化都市とは◆
日本・中国・韓国で、文化による発展を目指す都市を各国1都市選定し、その都市の文化プログラムを通して、交流を深める国家プロジェクト。16年は日本では奈良市が、中国では寧波市、韓国では済州特別自治道が「2016年東アジア文化都市」開催都市に選ばれていて、現代の芸術や伝統、多彩な生活などを通して、東アジア域内の相互理解・連帯感を高めると共に、東アジアの多様な文化の国際発信力の強化を目指す。奈良市では「古都奈良から多様性のアジアへ」をテーマに展開する。

維新派 アマハラ
10/14㊎~24㊊ 有料
ダイナミックな野外劇で知られる維新派の公演が、平城宮跡で行われる。10年にアジアをテーマに〝海の道"を可視化した作品を再構成して上演。
会場:平城宮跡(東区朝堂院)
時間:17:15開演
料金:¥5,500(25歳以下¥3,000)
アクセス:大和西大寺駅より徒歩20分※詳細はHP参照

Pop up Restaurant
9/2㊎・3㊏、17㊏~25㊐ 無料
奈良の生産者や食材をリサーチし、そこから見える東アジアの食の変遷、歴史などを食の世界で表現。会場にはゲルがポップアップし、奈良を感じられるレシピが楽しめる。飲食は有料。
会場:ならまちセンター
アクセス:奈良駅より徒歩12分

蔡國強"船をつくる"プロジェクト
~10/23㊐ 一部有料
中国から船大工10人が来日し、東アジアの海を航海した中国伝統の木造船を公開制作。完成した船は、現在「東アジア文化都市2016奈良市」のシンボルアートとして、東アジアの海に見立てた鏡池に展示中。
会場:東大寺 鏡池
アクセス:奈良駅より市内循環バスなど約5分 東大寺大仏殿・春日大社前から徒歩5分

◆1300年の時間を旅する八社寺アートプロジェクト◆
●春日大社 
紫舟+チームラボ(日本)
●興福寺 
サハンド・ヘサミヤン(イラン)
●元興寺 
キムスージャ(韓国)
●大安寺 
川俣 正(日本)
●薬師寺 
シルパ・グプタ(インド)
●唐招提寺
ダイアナ・アルハディド(シリア)
●西大寺
アイシャ・エルクメン(トルコ)

ならまちアートプロジェクト
※詳細はHP参照
開催日・時間:9/3㊏~10/23㊐
料金:一部有料
SPAC「マハーバーラタ~ナラ王の冒険~」
※詳細はHP参照
開催日・時間:9/9㊎~12㊊18:30~
料金:¥5,500(25歳以下¥3,000)
オペラ「遣唐使物語-名も無き民へのオマージュ-」
※詳細はHP参照
開催日・時間:10/1㊏・2㊐14:00~
料金:¥3,000~

 

地図

東大寺

奈良市雑司町406−1

平城宮跡

奈良市法華寺町613

ならまち

奈良市中院町21

会場 東大寺、平城宮跡、ならまち
会場住所 東大寺(奈良市雑司町406−1)
平城宮跡(奈良市法華寺町613)
ならまち(奈良市中院町21)
問い合わせ先

「東アジア文化都市2016奈良市」実行委員会事務局

問い合わせ電話番号 0742-27-0120
ウェブサイト http://www.culturecity-nara.com/kotohogu/
開催期間 2016年9月3日(土)〜2016年10月23日(日)
開催時間 イベントにより異なります。
期間備考

イベントにより開始時間、終了時間が変わります。

入場料

一部有料

交通アクセス

イベントにより異なります。