奈良・町家の芸術祭 はならぁと 2017[こあ]

このイベントは終了しました

  • 音楽演劇美術
  • 開催期間 2017年10月21日(土)〜2017年10月29日(日)
  • 開催時間 10:00〜16:00

    会期中無休

  • 会場:喜楽座ほか

キュレーターによる現代芸術の展覧会が開催されるメインエリア。数年に一度のハレの場。

 『奈良・町家の芸術祭 はならぁと』は、地域価値の発掘作業を通して、奈良県の豊かな文化や暮らしを過去から未来に繋ぐ、今ここから発信するアートプロジェクトです。美しい町並みの保存や貴重な町家の利活用など地域価値の維持・向上を目標とし、今年で7年目を迎え、これまでに、35件の空き町家が「はならぁと」開催によって店舗や移住先として利活用されました。
*はならぁとにおける「町家」の定義…地域独自の文化や人々の暮らしが記憶された建築物を指します。
「はならぁと」をきっかけとして、町家に現代の芸術が組み合わさることで、地域独自の文化及び暮らしを現代に受け継ぎ、再発見する機会とします。

◎ はならぁと こあ
キュレーターによる現代芸術の展覧会が開催されるメインエリア
今回メイン会場となる『喜楽座(きらくざ)』(※通常非公開)は、重要伝統的建造物群保存地区内に芝居小屋が残る事例としては全国的に珍しい、特色ある歴史的建築物です。

開催エリア : 宇陀松山エリア
開催日程  : 10月21日(土)- 10月29日(日)
開催時間  : 10:00-16:00 入場無料 (メイン会場/一部イベント有料)
展覧会タイトル:「音楽家の美術展」
キュレーター : hirvi[音楽家集団/代表:檜垣智也(音楽家)]
出展作家: 檜垣智也、七里圭、松井茂、山本一彰、hirviアートプロジェクト(監修:大塚勇樹)、天野知亜紀、石川祐子、牛山泰良、せきみつほ 、永松ゆか、大阪芸術大学音楽学科檜垣智也ゼミ生有志らによるアートプロジェクト
関連企画出演者:愛知県児童総合センター、チーム●▲■、太田真紀、足一、ヴァンサン・ロブフ、ポール・ラマージュ、ヤマシタユミ、hirviメンバー、ほか
特別協力 | イケモトタツヤ

公募選考作家 | イケモトタツヤ、木下伊織、田中美弥佳、夛山祐子、長島瑠
地域連携企画 | 鬼塚良昭、西山タカスケ、えびすにっこり会、宇陀華小路実行委員会、報恩寺

地図

喜楽座ほか

奈良県宇陀市大宇陀上新1938周辺

会場 喜楽座ほか
会場住所 喜楽座ほか(奈良県宇陀市大宇陀上新1938周辺)
問い合わせ先

奈良・町家の芸術祭 HANARART 実行委員会 事務局
〒633-2171 奈良県宇陀市大宇陀上茶2019

問い合わせ電話番号 0745-80-2312
ウェブサイト http://hanarart.jp
開催期間 2017年10月21日(土)〜2017年10月29日(日)
開催時間 10:00〜16:00
期間備考

会期中無休

入場料

無料
メイン会場のみパスポート(500円)掲示

交通アクセス

[車]
橿原方面から国道165号→国道166号→大宇陀道の駅周辺
名阪国道369号を宇陀市榛原方面→国道370号を吉野方面へ30分
(大阪から約1時間半、八木札の辻エリア・今井町エリアから約30分)

[ 公共交通機関 ]
奈良発:JR奈良駅→桜井駅(乗り換え)→近鉄榛原駅(約40分)
大阪発:大阪駅→鶴橋駅(乗り換え)→近鉄榛原駅(快速急行で約45分)
京都発:京都駅→大和八木駅(乗り換え)→近鉄榛原駅(約1時間20分)

近鉄榛原駅からバス乗車「榛原駅」から「大宇陀」下車(約20分)徒歩3分
※1時間に約1〜2本の運行となります。