GAIA CUATRO 「ガイア ミュージック 2018」~感動の音空間~

このイベントは終了しました

日亜修好120周年記念コンサートを橿原神宮で!

  • 音楽
  • 開催期間 2018年10月4日(木)
  • 開催時間 19:00〜20:30

    チケット発売中

  • 会場:橿原神宮 神宮会館

日亜混成バンド「GAIA CUATRO/ガイア クアトロ(4つの大地)」の音楽公演。

2018年10月4日(木)
18時開場 19時開演 (全席指定)
会場:橿原神宮 神宮会館

今年は日本・アルゼンチン修好120周年記念の年です。
日亜混成バンド「GAIA CUATRO」は、日本人2名と欧州在住のアルゼンチン人2名の4人編成。2004年初めての日本ツアーで結成して以来、アルゼンチン共和国大使館と深く関わってまいりました。
日本におきましては、毎年日本ツアーで在日アルゼンチン共和国大使館の後援を頂戴し交流を深めています。
海外におきましては、2014年11月在ベルギー・アルゼンチン共和国大使館&在ベルギー日本大使館共催でGAIA CUATROのベルギー公演がブリュッセルの「COSERVATOIRE ROYAL」にて開催されました。
バンド内におきましても、日本には無いチャカレーラなどのアルゼンチンのリズムを日本人音楽家が学び修得し、同時にアルゼンチン人も日本の音楽のみならず日本の文化、風習を理解し、深い親しみを感じるまでになりました。また毎年開催されます欧州ツアーにおきまして、特に昨年の国際交流基金助成事業の欧州5ヶ国9公演では、「日本の伝統音楽の美学と優雅さ、アルゼンチンの民族音楽の多様なリズムに加えて、欧州の音楽要素も取り入れられたユニットの音楽は、独創的で魅力的な新しい音楽言語である。」と高く評価されました。

様々な国の人々や音楽と出会い両国の文化交流の一役を担ってきたGAIA CUATROのメンバーは、時間をかけ、いくつもの音楽の国境を越えてきた我々のエネルギ-を聴いてほしい、そして日本・アルゼンチン国交樹立120周年を日本の始まりの地「橿原」で皆様と共に祝いたいと語っています。

<GAIA CUATRO/メンバ-紹介>
金子飛鳥 vl,vo  http://askakaneko.com
4歳からヴァイオリン、ピアノ、作曲を始める。幼い頃は抽象画家である母に連れられ自然の中で声を出しヴァイオリンを自由に弾いて育った。高校在学中よりプロ活動を開始、東京芸術大学でクラシックを学ぶ傍ら、自己の音楽を追求する。以来数々の国内外アーティストとの共演、10年間に渡るアジア各国の民族音楽家との共同プロジェクト「Asian Fantasy」の中核も担った。「金子飛鳥Acoustic Unit」では00年~02年Japan Foundation主宰のヨーロッパ公演、05年にはアフリカ公演を行い大好評を博した。「Aska Strings」プロデュース、演劇音楽監督(栗山民也演出:イリアス、炎立つ等)、CM作曲(サントリー天然水など)、多数の舞踏家との即興コラボレーション(岩下徹、山田せつこ他)、スタジオ録音&コンサートツアーに参加(大貫妙子、Jane Birkin、ゴンチチ、福山雅治、山下洋輔、等多数)、国内外の重鎮アーチストの信頼を得る。2017年、クラウドファンディングにより林正樹pfとのDuo「Delicia」(TWIN MUSIC)をリリースする。

ヘラルド・ディ・ヒウスト pf http://gerardodigiusto.free.fr/
フランス在住、アルゼンチン出身のピアニスト、作曲家、指揮者。アストル・ピアソラ楽団の歌手でもあったアメリ-タ・バルタ-ルとのヨ-ロッパツア-でバンドマスタ-をつとめる。ジュリアン・ルロ, メルセデス・ ソーサ等の著名なアーティストのピアニストやアレンジャーとして活動。1998年からは、オラトリオ“El Arcángel”が15都市の会場(Théâtre d’Agen,等)で展開された。2001年“Suite Concertante para Piano y Orquesta de Vientos”を作曲。ピアノと弦楽五重奏曲「Camerata Ambiqua」やアルゼンチンジャズのユニット「Córdoba Reunión」の活動も開始。また彼の作品は、アルゼンチン、フランス等々の著名なオーケストラにより演奏され、2013年、アルゼンチンのサルタ交響楽団と「la Suite del Ballet Atahualpa」、2015年、コルドバ交響楽団による「la Suite Atahualpa」が開催。彼の作品は、アルゼンチン国立交響楽団をはじめ、フランス、ギリシャ、米国、キューバ、日本など多くの国で演奏され、ピアニスト、作曲家として国際的に活躍中。
                         
カルロス・エル テロ・ブスキ-ニ b
イタリア在住、アルゼンチン・コルドバ出身のベーシスト、作曲家。11歳からクラシックギターを学び、地元のフォルクローレバンドでベースとギターを担当。1989年イタリアに移住、イタリアやフランスのジャズ界を代表する音楽家(ジュリアン・ルロ, ボヤン・ズルフィルパシッチ, マジック・マリック, ミゲル・アンガー・ディアス, ルイス・アグド, ミニーノ・ガライ,他)と共演する。現在、Cordoba Reunion, Tango Negro Trio, Cuarteto Rosamonte, Los Inaudibles trio、Lalo Zanelli of Ombu Quintet,等々。
ヨーロッパのジャズシーンでの活動をはじめ、PMFアーティストとの共演、タンゴグループでの演奏と、ジャンルにとらわれない活動を展開。来日は、GAIA CUATRO以外、2007年Cordoba Reunionや今年3月はウルグアイ出身の歌手 アナ・カリーナ・ロッシによる音楽ユニット Sin Fronteras (シン・フロンテーラス)で果たし絶賛された。

ヤヒロトモヒロ perc http://www.tomohiro-yahiro.com/
少年時代をカナリア諸島で過ごした異色の打楽器奏者。山下洋輔、向井滋春、渡辺香津美ら、多くのジャズ界を代表する音楽家との共演の他、伝説のアフロファンクバンド「じゃがたら」や「エスケン&ホットボンボンズ」のレギュラ-サポ-トを務める。「武満徹メモリアルコンサート」では、渡辺香津美、coba、鈴木大介と共にカーネギーホール等に出演。2010年からサイトウ・キネン・フェスティバル松本に3年連続出演。2016年ウーゴ・ファトルーソpfとのDuo「Dos Orientales」は、在外公館長表彰受賞、2018年には大分の平和市民公園能楽堂で小野リサとの共演が決定している。近年では、渡辺香津美、沖仁、EPOの公演やPablo Ziegleのツアー等に参加する。GAIA CUATRO、flOr & The VinMush、The Unforsaken、Okamoto Island等、多岐にわたり活躍中。

地図

橿原神宮 神宮会館

〒634-8550 奈良県橿原市久米町934

会場 橿原神宮 神宮会館
会場住所 橿原神宮 神宮会館(〒634-8550 奈良県橿原市久米町934)
問い合わせ先

ガイアクアトロ奈良公演プロジェクト
(アンジェスミュージック内)

またはミュージックカフェアンジェスまで

橿原市新賀町485番地
0744-35-4017

問い合わせ電話番号 0744-35-4017
ウェブサイト https://www.facebook.com/gaiacuatroNARAKOBE/?modal=admin_todo_tour
開催期間 2018年10月4日(木)
開催時間 19:00〜20:30
期間備考

チケット発売中

入場料

前売 SS 5,000円 S 4,000円 A 3,000円 (幼児不可)(車椅子専用シートあり※要予約) 
当日 SS 5,500円 S 4,500円 A 3,500円 (幼児不可)

チケット発売中
【販売窓口】
▽ミュージックカフェアンジェス(月ー土11:00-18:00)日曜日休
奈良県橿原市新賀町485番地 
Tel 0744-35-4018

▽かしはら観光インフォメーションセンター神宮前センター窓口
奈良県橿原市久米町 652-2 1 階 橿原市商工経済会館 
Tel 0744-27-2070

▽橿原オークホテル
奈良県橿原市久米町神宮前905−2
Tel 0744-23-2525

▽グランドサンピア奈良
奈良県大和郡山市高田町92−15
0743-51-1120

【チケット発送窓口】
株式会社アンジェスミュージック
奈良県橿原市新賀町485番地
Tel 0744-35-4017
Mail info@anges-music.com

※橿原神宮様ではチケットお取り扱いありません

交通アクセス

近鉄橿原神宮駅徒歩8分

橿原神宮駐車場 詳細情報
住所 奈良県橿原市久米町934
電話番号 0744-22-3271.
ジャンル 駐車場
全収容台数 750台
営業時間 24時間営業
料金 普通車1回(12時間以内)¥500. 中型車1回(12時間以内)¥1000. ...
車両制限 幅:4.00m